日めくりカレンダー
   
カテゴリ
月別アーカイブ
最近の記事+コメント
リンク
ブログ管理
ブログスカウター
We'll start with beer!!
≪2017.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.12≫
プロフィール

you太郎

Author:you太郎
FC2ブログへようこそ!

人生が輝き出す名言集


ブログランキング

FC2ブログランキング

banner2.gif

応援ポチっとお願いします!
入場者数
訪問ありがとうございます!
GREMZ
ブログパーツ型環境貢献サービス
地球に優しく・・・
banner_rectangle.gif
スポンサードリンク
★ちょうちょ飼ってます★
「海外ネタ 」 の記事一覧
スポンサードリンク
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.07.09 Wed
キヨシとブチ。
さて、ここで問題。
「キヨシとブチ」とは、ある海外の小説が、明治時代に日本語に訳された際の主人公とペットの名前である。
その小説とは?
ご存知の方も多いと思うが、正解は後半で・・・。



昨年、ベルギーに行ってきた時の話。
あ、なんで行ったかって?
それはちょっとビールを飲むためだけにに行ってきたのである。
言ってみたかった、このセリフ・・・。(実際は単なる仕事・・・・

さて本題に入る。

日程は1週間ほどの滞在で、首都ブリュッセルや、ブルージュ、アントワープ等の都市を回った。
ブリュッセルのグラン・プラスと呼ばれる大広場では、「ビール祭り!!」みたいなイベントに遭遇したのだが、画像がないので今回はアップできずに残念である・・・。(今回は水墨画をやめておく。)

ベルギーには初めて訪れたが、ヨーロッパの中では治安も良く、街も清潔感があると思う。
建物もおもちゃの街並みのような可愛らしさがある。
また言葉も、ほとんどの人が英語をしゃべれるので、コミュニケーションもとりやすい。
ヨーロッパでも、地方によっては自国語しか通じない場合もあるので困る事もある。
が、今回のベルギーでは幸いな事に、どこでも俺のインチキ英語で大抵の用事は足りた。
コノ国ノ~、beerハ~、veryオイシイデスネ~!!
とまあこんな感じだ。

アントワープで時間をとれたので、しばし観光。

まずは市庁舎。
市庁舎
左にある青銅像はアントワープの象徴である。
暴れる巨人の左手を切り落として投げている兵士・ブラボーの像。
手(ant)を、投げる(werpen)がアントワープの名前の由来とのこと。

アントワープというと日本人に有名なのが
フランダースの犬。
祖父と共に暮らす、貧しいが心優しい少年ネロ。
彼の夢はルーベンスのような画家になること。ある事件がきっかけで村を追われ数々の苦難の末たどり着いたのがノートルダム大聖堂。
あこがれていたルーベンスの絵を前に、ついに夢にまで見たその絵を一目見ると、愛犬パトラッシュと共に眠るように静かに天に召されていった・・・。

ちなみに明治41年に翻訳された日本語版フランダースの犬。
主人公の名前が、ネロとパトラッシュではなくてキヨシブチということは割りと有名な話。
ということで冒頭の問題、答えは「フランダースの犬」

さてそんな悲劇の舞台となるのがここノートルダム大聖堂
ノートルダム大聖堂
荘厳な感じだ。

では早速中に入ってみよう。
中央にはあのネロが一目でいいから見たいと願っていたルーベンス作の2枚の絵がある。
それではご覧いただこう。

キリスト昇架
キリスト昇架
キリスト降架
キリスト降架
素晴らしい・・・・

ところで、フランダースの犬というとどういう画像を思い浮かべるだろうか?
多分・・・
フランダースの犬
こんな感じではないだろうか。

このパトラッシュ、アニメ版ではセントバーナードもどきのような外見だが、原作ではフランドル犬といわれる犬種で、アニメとはかなり異なるらしい。
大聖堂内のみやげ物コーナーで、面白い絵はがきを見つけたのでそれを参考にしていただければわかりやすいかもしれない。











ネロとパトラッシュ
雑種!?
っていうか・・・
キヨシとブチ!?


そもそもイギリス人作家による「フランダースの犬」。
舞台がベルギーというだけで、実はベルギー国民にはメジャーな話ではない。
日本のアニメ版フランダースの犬を見た多くの観光客が、舞台となったアントワープを訪れるようになったため、近年になってネロとパトラッシュの銅像をたてたらしい。
この絵はがきも日本人向けのお土産らしく、この「ネロとパトラッシュ」という日本語文字、ネタ用に後から書いたのではなく、元からホントに印刷されている。
しかもなぜかネロの「ロ」の字がワナワナしている・・・・。
ネロの表情も微妙だし、なんともシュールな匂い。
買い占めたい衝動を抑えるのに苦労した。

FC2ブログランキング ←物憂げなネロに1ポチお願いします・・・。
banner2.gif ←雑種のようなパトラッシュにも1ポチ願います・・・。


先日の記事「爽やかな朝の一コマとガリガリ君。」に、みなさんの楽しいコメントありがとうございました。
コメント読みながら笑ってしまいました!(それも失礼な話だが・・・・)
結構みなさん、リバース事件の被害にあってるんですね。驚きました。
目撃されたという方から、実際にリバースしたものをかけられてしまったという可哀想すぎる人まで、その様々な事例に目からうろこです。まさに「事件は現場で起っているんだ!!」なんですね。
お互いに、リバース寸前の人とは距離をとるようにこころがけましょう!!
(おっと、リバースする側の人間にもならないようにしないと・・・)



スポンサーサイト

テーマ:ベルギー - ジャンル:海外情報
海外ネタ    Comment(19)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。