日めくりカレンダー
   
カテゴリ
月別アーカイブ
最近の記事+コメント
リンク
ブログ管理
ブログスカウター
We'll start with beer!!
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
プロフィール

you太郎

Author:you太郎
FC2ブログへようこそ!

人生が輝き出す名言集


ブログランキング

FC2ブログランキング

banner2.gif

応援ポチっとお願いします!
入場者数
訪問ありがとうございます!
GREMZ
ブログパーツ型環境貢献サービス
地球に優しく・・・
banner_rectangle.gif
スポンサードリンク
★ちょうちょ飼ってます★
スポンサードリンク
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.12.11 Thu
正体不明 THEM(ゼム)
本日は映画の紹介。

正体不明 THEM(ゼム) (2006年・フランス/ルーマニア)
them.jpg

毎回詳細な映画レビューで楽しませていただいている、Whitedogさんの映画ブログ
「映画、こんなん観ましたけど・・・」
のこの記事→【映画 DVD】 正体不明 THEM (ゼム)(2006)
を読んで以来、是非見てみたいと思っていた作品。
ようやく見ることができた。

(あらすじ)
2002年10月7日、ルーマニア・ブカレスト。
フランス人学校の教師・クレモンティーヌは、夫のリュカと共に郊外の邸宅で静かな暮らしを送っていた。
しかしその日の深夜、彼女は耳障りな物音で眠りから覚めてしまう。
不審に思い外の様子を調べに行くと、誰かが自動車を盗み去っていった。さらに突然、屋敷の電灯が全て消える。
そして複数の何者かが屋敷への侵入を開始し…。

フランスの新鋭、ダビッド・モローとグザヴィエ・パリュのコンビによる、ショッキングなサスペンススリラー。
深夜、突如何者かに襲われた夫婦の恐怖を描いていく。
“幽霊の正体見たり枯れ尾花”などとよく言われるが、逆に正体のわからないものは何であれ怖さを感じるもの。
作品ではこの“正体不明の恐怖”を切れ味鋭い演出で強調している。またハンディカメラを使用した登場人物目線での映像や、ほぼ実時間で進行していく物語など、臨場感を盛り上げる工夫も数多く見られる。
観客はいつの間にか主人公の息づかいに自分の呼吸を同期させつつ、迫りくる“彼ら”の恐怖に共に怯えることになるだろう。

(goo映画より)

ルーマニアで実際に起こった事件を元に作られている映画との事だが果たして・・・・
続きが気になる人は以下に続く・・・。
※ネタバレあり!!
(一応反転させてあります)
屋敷内に複数の者達が侵入したことに気付く夫婦。
”彼ら”は夫婦を一気に殺すのではなく、徐々に追い詰めていく。
なんとか屋敷を脱出した夫婦だが、郊外のため屋敷の周りに人家などはない。
傷を負った夫はひとまず身を隠し、妻が助けを求めて林の中を走り出す。
懐中電灯を手に追いかける”彼ら”。
と、林の中に盗まれた車を発見した。車に乗り込む妻。
しかしついに妻は”彼ら”に捕まる。
一方、妻が気がかりな夫は、傷を負った身で妻の後を追う。
と、妻の悲鳴が!
その声を頼りに行くと、地下に通じる通路を発見。
下水に続く迷路のような通路。
夫は奥に進んだ・・・・
※以下完全にネタバレ!(犯人についても)
個人的にはなかなか面白い映画だと思うので、見る予定の人は反転しないか、飛ばし読みで・・・。

ここから →そこには捕らわれた妻の姿が。
妻を捕まえているのはなんと10代とおぼしき少年だった!
そしてそばには10歳位の少年がいて、妻を捕らえている年上の少年をいさめている。
夫は妻を捕らえていた少年を棒で殴り倒すと、10歳位の子の案内で妻を連れて地下から脱出することに。
地上への出口と言われハシゴを登る妻。
続いて10歳の少年、そして最後に夫が上ろうとしたその時・・・・・・少年の顔が一変!!
ハシゴをつかむ夫の手を上から鬼の形相で何度も踏みつけたのだ!!
たまらず落下する夫、そこに追いかけてきた少年の仲間が襲い掛かる。
よりゲームを面白くするための少年達のたくらみだったのだ。
恐怖におののく妻、そのまま地上への通路を求め必死に逃げた。
狭い通路の途中で、追いかけてきた10歳の少年の頭に石を投げつけようとしたが
弱弱しく
「ただ遊んで欲しいだけなのに・・・・」
と言う言葉に躊躇してしまう。
その隙に仲間を呼び寄せる少年。
逃げる妻は、ついに通路の先に外界の明かりを発見!!しかしそこは・・・・
them1.jpg
出られな~い!!!

ここからネタバレの続き
かくして”彼ら”に捕まる妻。
しばらくして、夫婦の死体が発見された。
警察の捜査により、10代の少年グループが逮捕される。
最年少の10歳の少年の証言によると、殺人の動機をこう語った。
「だって遊んでくれないから・・・」


(感想)
後味がいい作品!!
とはいえない。
が、「ミスト」のように子供が死んじゃう!!みたいなドンヨリした感じはない。
(っていうか、むしろその逆←犯人のヒント)
映像は色彩が抑えてあって、ルーマニアの暗い感じがよく表されていたと思う。
それが不気味さに拍車をかけている。
音楽も最小限で、音にビックリ!とかもないので落ち着いて見る事ができた。
侵入者に襲われるまでは若干間延びした展開でもあるが、逆にそののんびり感が後半のスリリングな展開を生かしている気がする。
77分という長さも飽きずに見られた一因であろう。
無駄に広くてやたら古い邸宅を逃げ惑う姿はかなりドキドキさせられた。
ただ、この映画を普通に見ると可も無く不可も無く、というかオチも含めそれほど特筆すべき映画でもない。
犯人がアレってだけで。
しかし、実は背景にルーマニアの歴史、ことにチャウシェスク政権下での政策が大きく関わっているというところが非常に興味深い。
以下ネタバレになるので反転
ここから →1980年代、ルーマニア独裁者・チャウシェスクはルーマニアの国力増大のため、中絶を禁止。
10代での出産や40代までには4人以上の子を産むこと等が半ば強制的なものとして奨励された。
このため貧しい家庭では、産んだ子を施設にいれたり、捨てたりするケースが後を絶たなかった。
こういう悲惨な状況から、子供の路上生活者、いわゆるストリートチルドレンが爆発的に増えたのだ。
ストリートチルドレンはあるものは物乞いをし、あるものは売春、そして犯罪に手を染める等して生活している。
またルーマニアはエイズ問題も深刻で、チャウシェスク政権下では「わが国にエイズは存在しない」というスタンスを貫いたため、エイズに関する検査も治療するも禁止された。
当時、食べるものが無い子供達には、ミルクや栄養剤の代わりに大人の血液が輸血されることがままあったため、検査をしていない血液を輸血され、それによりエイズ発症したストリートチルドレンも多いという。
こうした状況下で起こった事件を題材にしたこの作品。
殺人を犯した少年達は決して許されないが、その背景には歪んだ政治の影響が大きく関わっている事を否定することはできないだろう。
日本でも少年による犯罪が起こっているが、本人の責任によるところが大きいのはもちろんのこと、それに関わる我々大人のあり方というものもいま一度確認しないといけないのでは?などと考えさせられる映画であった。


長々とすみません!!

(評価)
★★★★☆
教訓:広い家に住むならセキュリティ会社と契約しよう!!
長嶋
SECOMしてますか?

ってのは冗談として、単純に「犯人怖っ!!」
という映画とは一線を画していると思った。
携帯電話持ってない?or圏外?
とか、
無防備に林に逃げないで武器持って部屋に立てこもって応戦した方が良かったのでは?
なんてツッコミ所もあるにはあったのだが、個人的には好きな映画だ。
興味ある人は是非見てほしい映画。
Whitedogさん、いい映画紹介ありがとうございました!!




FC2ブログランキング ←犯人がわかった人もわからない人も1ポチ願います。
banner2.gif ←色々な意味で怖いこの映画にも



今日も最後までお付き合いいただきありがとうございます。
なかなかに考えさせられる映画でした。
ぎゃ~~~!って怖さは無いのですが、地味にドキドキします。
そしてルーマニアの現状と重ねると、なんともやりきれない気持ちに。
確実に好き嫌いが分かれそうな映画ですが、77分と短いことですし、是非機会がありましたらどうぞ!!
ちなみにグロシーンなんかもないので、そういうのが苦手な人(って俺だけど)にもOK。





テーマ:考えさせられた映画 - ジャンル:映画
映画    Comment(15)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by ブルー・ブルー
この人間が怖い映画って、ゾンビ物より怖いですよね。
人間の残虐さが、怖くて観れないです。
ネタバレ全部読んでしまいました。v-12
応援2☆
2008.12.11 Thu 13:02 URL [ Edit ]
映画 Posted by 隆明
映画といえば、先日試写会で、
救急ヘリの映画空へを見てきましたよ。
予想通り、凄くつまらない映画でした(笑)
初主演の女の子の大根っぷりと言ったら。。。

とりあえずセコムしますか(笑)

応援ぽちぽち
2008.12.11 Thu 14:31 URL [ Edit ]
コメント&応援ありがとうございます!! Posted by you太郎
v-275ブルー・ブルーさん
やはりどんなモンスターよりも、人間が一番怖いですよね!
ネタバレ失礼しました!
これが実話に基づいてるなんて結構衝撃的ですよね。
v-275隆明さん
予想通りすごくつまらないって散々ですね。
でも試写会だからまだマシですかね~。
つまらない映画はガッカリしてしまいますね。
時間返せ!!って言いたくなります。
2008.12.11 Thu 16:42 URL [ Edit ]
Posted by たくたくろ
ネタバレ全部読ませていたただきました。
相変わらず解説がお上手で、丸々一本見させてもらったような感じです。
しかし、背景がさらに怖さを助長していますね。
映画より怖くなったかも・・・。
2008.12.11 Thu 17:23 URL [ Edit ]
コメント&応援ありがとうございます!! Posted by you太郎
v-275そうなんですよ。
ルーマニアの状況というのを考えると余計に怖いことなんですよね。
なんて俺の勝手な解釈ですけど。
解説はお世辞にもうまくないですよー。
とにかく結構考えさせられた映画でしたね。
2008.12.11 Thu 17:38 URL [ Edit ]
Posted by ぴーち
こんばんは!
この映画は未見で~す。
ハリウッド映画のホラーは、結構派手派手で
これでもか!これでもか~~~という執拗に
主人公を追い詰めていく傾向が強いですが、
おフランス・ルーマニアの方のホラーは
後味すっきりなんですね~。。77分というのもお手軽で、魅力的ですね!
機会がありましたら、you太郎さんのお勧め!ということでw鑑賞してみたいと思います^^
それでは、応援です凸
2008.12.11 Thu 18:15 URL [ Edit ]
Posted by まさぽん
この映画見ました!
途中からですがw
共有でファイルを手に入れて、名前を知らなかったので、パパッと確認してみたら、途中からだったんですが、最後まで・・・。
最初から見なかった事を後悔したのをよく覚えています。
応援ポチです。
2008.12.11 Thu 18:52 URL [ Edit ]
Posted by ちか
うわ~ぞっとしたよ~読んでぞっとした。
小さい少年が一緒に逃げるから私もその後どんな展開かと思ったらそんな結末が。
まさか旦那さんが殺されるなんて想像もしなかったよ~
それにハンディーカメラで?うわ~これ映画館で観てたら相当恐怖だろうな~夜ちょっと興奮して寝れそうにないわ。
でも背景にそんな問題も含まれてたんだね・・・
なんだか考えさせられる映画だな~
でもちょっと観てみたい映画かもしれない。
2008.12.12 Fri 06:38 URL [ Edit ]
コメント&応援ありがとうございます!! Posted by you太郎
v-275ぴーちさん
ハリウッドのような派手さはないので、じっくり観る事が出来ると思いますよ。
グロシーンもないので安心です。
そういうのが好きな人にはものたりないかも??
v-275まさぽんさん
途中からですか~。
冒頭にも結構ショッキングなシーンがあったのに・・・。
また機会があれば冒頭だけでもご覧下さい。
v-275ちかさん
あの少年の形相はかなりぞ~っとしますよ。
社会問題とも絡んでいるので、考えさせられる映画でした。
でも、後味が悪くてゲッソリ・・・とはならないと思うので、もしよければご覧下さい!
2008.12.12 Fri 09:42 URL [ Edit ]
Posted by moontousako(月うさ)
you太郎さん、おはようございます。。
郊外の邸宅での事件、、それだけで怖いです(T▽T)
が、怖さが77分という短さが魅力です、、
ルーマニアという国、人はどんなんだろう…ということが
気になりますが、怖いんですね。。。ドキドキドキ…
一応、いつか見るかも…でネタバレは読まずに。。。
ポチして帰ります~☆
2008.12.12 Fri 10:24 URL [ Edit ]
コメント&応援ありがとうございます!! Posted by you太郎
v-275moontousakoさん
ネタバレはまだ読んでないんですね。
それでは是非この映画をご覧下さい!
ドキドキしますが「ぎゃ~っ!!」って怖さはないし77分なので大丈夫だと思いますよ!
2008.12.12 Fri 15:38 URL [ Edit ]
私なら Posted by はるくママ
わたしなら、その場で酒をかっくらってどこまでも猛ダッシュかますか、あえて半笑いで正体不明のものに突進して行くかも・・・
そういえば、ルーマニアってドラキュラ伯爵の故郷ですよね!!
私の中のルーマニアはソウル五輪、体操女子個人・・・ルーマニアのシリバシュ選手VSロシアのボギンスカヤ選手の戦いの印象が・・・ ちなみなルーマニアにはポトラックという選手もいましたね!!
ソウル五輪マニアより・・・
2008.12.13 Sat 02:16 URL [ Edit ]
コメント&応援ありがとうございます!! Posted by you太郎
v-275はるくママさん
酒くらって猛ダッシュ!それはいいですよね。
それにしてもはるくママさん、かなりの体操マニアですね~。
すごい!!
2008.12.15 Mon 10:38 URL [ Edit ]
今日見ました Posted by taku
何か映画を見ると、その感想を他の人がどう思っているのかネットで見てみる癖?があり、そんな中you太郎さんのページにたどり着きました。初カキコ失礼します。

社会問題が背景にあるようで一概に子供のみが悪いとは言えないのだろうけど、、、でもやはりこのような『映画』として見せられると、見た後で無性にあの子供たちに腹たちますね。「あいつらを同じ目に合わせてやりたい!」みたいな危ない妄想を…(-.-;) さっきもネットであの犯人らのその後・判決(量刑とか)が載ってないか軽く調べていました。

僕は映画としては、とてもスリリングだし、残酷描写がないのもそういうのが苦手な人でも見られるので(自分は平気だけど)とても楽しめたのですけど、やっぱりラストに怖いというよりも腹がたって良い気分ではなかったのでそれが残念です…。
2009.03.10 Tue 00:13 URL [ Edit ]
コメントありがとうございます! Posted by you太郎
v-275takuさん
はじめまして。コメントありがとうございます!!
あの映画、確かに腹が立ちますよね。
社会状況云々はあるにせよ、あの悪ガキめ~!!
って思いますもんね。
また遊びに来てください!
2009.03.10 Tue 19:34 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://you2008.blog43.fc2.com/tb.php/117-c6ef3eb7

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。