日めくりカレンダー
   
カテゴリ
月別アーカイブ
最近の記事+コメント
リンク
ブログ管理
ブログスカウター
We'll start with beer!!
≪2008.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2008.05≫
プロフィール

you太郎

Author:you太郎
FC2ブログへようこそ!

人生が輝き出す名言集


ブログランキング

FC2ブログランキング

banner2.gif

応援ポチっとお願いします!
入場者数
訪問ありがとうございます!
GREMZ
ブログパーツ型環境貢献サービス
地球に優しく・・・
banner_rectangle.gif
スポンサードリンク
★ちょうちょ飼ってます★
スポンサードリンク
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.08.17 Sun
浴衣入門 帯結びの応用・女性編② ~貝の口・やの字~
今回は
「貝の口」と「やの字」という結び方を紹介する。
この結び方、呼び名も様々・結び方も様々だったりする。
男結び・吉弥結び等よばれることもある。
なので、これが絶対に正しい結び方というわけではないことを改めてご了承願いたい。

続きは以下に・・・

貝の口

①帯の手先を半分に折って、体の中心から40cm位でるようにとり体に2巻きする。
※文庫の時よりも手先を短めにする。結び終わった時に手先の長さが重要になるので、ちょうど良い長さを把握できるように慣れる事がポイント。

帯2


②タレと手先を平行にして、若干タレが長いくらいに調節する。
※あまったタレは帯の内側に巻き込む。
貝の口1


③手先を下に下ろし、タレを上から交差させて・・・
貝の口2


④手先のしたからタレをくぐらせ・・・。
貝の口3


⑤しっかりと締める。
貝の口4


⑥タレを下に下ろす。
※この時下ろしたタレのシワ等を伸ばす。
特に折り返した部分の上辺はキレイにしておくと完成がキレイ。

貝の口5


⑦タレを斜め上に折り上げる。
貝の口6

⑧手先を折り上げたタレの間に通す。
貝の口7

⑨しっかりと締める。
貝の口8
完成。

帯によってはゆるみやすいので、帯締めを使ってもよい。
貝の口9
※浴衣の場合は通常は帯締めはしないので、使用する場合は主張しすぎないシンプルな帯締めを選んで涼しげに・・・。



続いて紹介するのは
やの字

①は上記貝の口と同じ。

②2巻きしたら手先をおろし、タレと交差。
※この時、タレは長いまま。貝の口のようにタレを短く折り込んで調節しない。
やの字1

③手先の下から、タレを結び目に近いほうから引き抜いていく。
※タレ先を残しながら引き抜いていく。全部引き抜かないこと。
やの字2

④タレ先が15cm程になるまで引っ張る。
やの字3

⑤引き抜いたタレを下に下ろす。
※この時下ろしたタレのシワ等を伸ばす。
特に折り返した部分の上辺はキレイにしておくと完成がキレイ。

やの字4

⑥下ろしたタレを斜め上に折り上げる。
やの字5

⑦先に長さを調節する貝の口と違い、やの字はこの段階でタレが長く残る。
タレを折り返して長さを調整する。
やの字6

⑧調整したところ。
やの字7

⑨タレの間に手先を通して締める。
やの字8
完成

⑩貝の口に比べて緩みやすいので、帯締めを使用した方が落ち着く。
やの字9


ちなみにこの結び方はお太鼓の部分に帯の裏が出てくる結び方。
リバーシブルの帯だと、表と裏の両面を楽しめる。
すべて表面を出したい場合は、上記③~④の過程で、帯の表面が出るようにねじって引き抜けば良い。



FC2ブログランキング ←浴衣特集よろしくお願いします。
banner2.gif ←よろしければこちらも・・・





今回の貝の口・やの字とも幅広い年代に結んでいただける粋な帯結びです。
特にやの字はタレがある結び方なので、腰周りをカバーしてくれます。
腰周りが気になる人にもおススメです。
どちらも結ぶ手順は簡単ですが、長さの調節が最も重要なポイント。
何回か試して、自分に適した長さを把握しましょう。
また、この2つの結び方の一番のメリットは「気兼ねなく寄りかかれること」です。
文庫系の帯結びでは、せっかくキレイに結んでもイスの背もたれに寄りかかったりすると結び目が崩れてしまいます。
その点、この2つの結び方は寄りかかっても崩れにくい結び方です。
電車の移動も楽々です。
文庫系の可愛らしい結び方も良いですが、貝の口・やの字で粋に浴衣を着こなしてみましょう。
次回は
帯結びの応用・男性編
を紹介します。


テーマ:浴衣 - ジャンル:ファッション・ブランド
和装    TrackBack(0)   Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://you2008.blog43.fc2.com/tb.php/68-1bdf72dd

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。